会社設立代行を検討する選択肢もある - かんたん!会社設立代行

会社設立代行を検討する選択肢もある

個人事業主として経営するのもひとつの方法ですが、会社設立をして活動することによって得られるメリットは大きいです。
会社設立をすることによって信頼が得られやすくなりますし、営業や採用活動などの拡大や税金対策においてお得になるといったこともあるのです。
ただ個人事業主になる場合は開業届1枚を提出するだけで完了できますが、会社設立となると起業ガイドなどだけでできるような簡単なものではありません。

簡単な会社設立の流れとしては、まずは事前準備として会社設立に必要なものを用意しなくてはなりません。
具体的には、会社印鑑の作成、個人の実印の印鑑登録、会社名・本社所在地・事業目的など設立要綱を決めるなどがあります。
次に会社設立では必ず定款を作成して、公証人が事務を実施している公証人役場で認証を受ける必要があります。
ちなみに定款とは、会社の組織や運営における基本的なルールを記載したもので、設立時の発起人全員が署名押印して作成されます。
それから数多くの登記申請に必要となる登記書類の作成をしなくてはなりません。

管轄の法務局の登記申請窓口に申請書や添付書類一式を提出して登記申請をし、登記が完了したら登記事項証明書・印鑑証明書の文書を取得しておきます。
ちなみに登記申請時に必要な書類としては、定款の原本・登記申請書・登記申請書別紙・取締役就任承諾書・本店所在場所決議書・払込を証する書面・印鑑届出書・取締役全員の印鑑証明・監査役の全員の印鑑証明などです。
その後は、会社本店所在地を所轄する税務署に対して書類を提出します。
その申請時に必要な書類としては、法人設立届出書・給与支払事務所等の開設届出書・源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書・青色申告の承認申請書・登記簿謄本の原本・定款のコピーなどです。

このように会社設立には様々な手続きが必要で難しい面も考えられるので、専門家に代行してもらうといった選択肢も考慮する必要があります。
ただ会社設立を代行する業者も数多くあるので、どこに依頼するのかはしっかりと考える必要もあるのです。